商品とサービス|Products and Service

サプライチェーン改革

サプライチェーン改革とは

企業活動におけるコストについて、サプライチェーンマネジメントコストに着目したコンサルティングです。
当コンサルティングは(有)ビズブロックス社と連携したコンサルティングです。

わかる!今のサプライチェーンのプロセス!つくる!利益に直結する、新しいサプライチェーンのプロセス!

サプライチェーンマネジメント(プロセス)を適正にすることで、より付加価値を創出する仕組みを創造する。


拡大
全体最適の考え

バリューチェーンの一部を改善しても効果はあります。しかし、その場合でも全体の視点を忘れてはいけません。全体の繋がりを意識した改革を促します。
なぜか?全体を意識せず部分改善はその場しのぎとなるからです。サプライチェーン改革では全体の視点がポイントとなります。

コスト構造の視点を変える

売上原価の中身は、自社コストと調達・外注に関する費用があります。調達先、外注先のコストが売上原価になっていると認識できます。
それらのコストをサプライチェーンマネジメント(SCM)の視点で、おさえ直します。


拡大
何故サプライチェーンコストに着目した改革を勧めるのか?

コスト改善について様々な方法・視点があります。例えば、作業方法の改善や経費の削減等です。
売上原価(調達・労務費等)に抱えているコストは目につき易いため、多くの会社で改善活動を検討・実施されています。しかし、サプライチェーン間のコストには手がつけられていない事が多いと考えていました。
それは、そもそも目につかなかったり、自社だけの対応では済まないためです。

しかし、サプライチェーンコスト適正化コンサルティングのパイオニアである、(有)ビズブロックス-小久保氏により「サプライチェーンを改革することで、様々な課題を解決している実状がある」ことを我々は知りました。
自社とサプライヤー、自社とプロバイダーサービスとのマネジメントに着目し、それを改善することが企業の飛躍につながること、企業活動において、サプライチェーンコスト適正化を推進することが不可欠であることを私たちは確信しました。

私たちの持つITに関連したプロジェクトを通して培ってきた知識・経験と、(有)ビズブロックスのサプライチェーンコスト改革を合わせさらに良いサービスが出来るのではないかと、私たちは考えるに至ったためです。
例えば、SCMの業務とSCMシステムの2方向からの視点で、コストを見直すことが可能となります。

(有)ビズブロックスのサイトでは、サプライチェーン改革での成果事例が掲載されています。
是非、ご覧ください。改革のヒントが得られます。
企業の自律的改革と改革人材育成のプロフェッショナル有限会社ビズブロックスへ

商品・サービスに関するお問合せ TEL 052-222-3600MAIL メールでのお問合わせはこちら

PAGE TOP